着物のメンテナンス

着物の三木は、着物とあなたの関係をもっと素敵に創造します

着物はお手入れ次第で寿命がずいぶん違ってきます。美しい思い出のお着物となりますように、大切にご使用、保管しメンテナンスして何時までも美しくお召し頂きたいと願っております。

当店では着物に関するあらゆるメンテナンスを行っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちら

クリーニング

シワがついた場合は・・・

汗をかくと背中や腰のシワが特に深くついてしまうものです。シワが付いたまま畳んでしまうと取れにくくなりますから、シワの目立つ部分には、木綿の当て布をあてて、アイロンを軽く押さえるようにして、手早くかけます。 スチームアイロンは、着物が縮むことがあるので、使わないようにしましょう。 また、金箔・絞り・刺繍の部分はさけて、軽くアイロンの重みをかける程度にします。

シミがついた場合は。。。

慌てずに、応急処置をします水で薄くぬらしハンカチやお茶席用の懐紙等で、 水分を吸い取ります。数回繰り返せば、ビールやジュース、お醤油などなら簡単に落ちます。 大切な事は、絶対に拭いたりこすったりせずに、叩く事です。こすると生地の繊維に入り込んで 落ちにくくなります。 シミの種類によってシミを落とす薬剤が違ってきますので、外出先でシミがついた場合は、すぐに水でハンカチを濡らし叩いてシミをぼかす程度にしておき、後で専門のシミ抜き屋に持っていくようにします。

衿、袖口や裾等の汚れを自分で落とす場合

良質で揮発性の高いベンジンを使います。ベンジンをガーゼ等に含ませ汚れの少ない方から多い方へじわじわとやさしく伸ばした後、周りをぼかすように叩きます。

お茶、コーヒー等
裏に乾いたタオルを当て、表から水で薄め水を含ませた白いハンカチで決してこすらないよう吸着させる様に取り、アルコールで拭きます。
ソース
ぬるま湯で叩き、石鹸水で拭きます
墨、マジックインキ
手をつけずシミ抜きに出します。
泥はね・かび
よく乾かしてからブラシをかけるか手でもんで落し、その後固く絞ったタオルで吸い取るようにします。
油類(お料理)
シミの広がりを防ぐようにハンカチなどで汚れを押さえます。あまりいじらないことです。
ファンデーション
ベンジンで拭き、暖かい石鹸水で揉みます。
口紅
アルコールかベンジンで拭き、輪ジミを石鹸水で拭きます。
お酒
水を含ませたタオルで叩きとり、ぬるま湯かアンモニア水でつまみ洗いします。

半襟を洗いたい。。。

汚れやすい箇所でもあります。汚れを放置しておくと黄ばみやシミの原因となるので、その日のうちに長襦袢から外して洗うことを おすすめします。まず、素材の確認をしましょう。 正絹、ポリエステル、麻、交織などの半衿があります。

当店では、半襟交換・半襟洗い・付け替えを行っております。ご相談ください。

正絹素材
ぬるま湯に中性洗剤を入れてしばらく漬け置きした後、柔らかい毛先の歯ブラシ等に 中性洗剤をつけて軽くこすりましょう。正絹は、摩擦に弱いので、強くこすると繊維が毛羽立ってしまいますのでお気をつけ下さい。洗い終わったら、水でよくすすぎ、タオルに挟んで水気を取ります。その後、陰干しし、半乾きの状態で当て布をしてアイロンを掛けましょう。
化繊素材
ポリエステルなどの化繊半衿は、洗濯機で洗うことが出来ます。但し、刺繍半衿の場合は、ほつれてしまう恐れがありますので、手洗いをおすすめします。手順は、正絹素材と同様に行って下さい。

※生地や刺繍糸が濃色の場合は、色落ちの可能性がありますのでご注意下さい。

着物の再生

どんな古い着ものも再生いたします

着ない着ものは眠っていませんか?上質な着ものだからこそもったいないですよね。少し手をくわえてあげると新しいイメージに変えることもできます。手をかけてあげて思い出がつまった着物が活用できたらと思います。

「着物を無駄にしたくない」「思い出の品を大切にしたい」「お母さんの着物を再利用したい」と言った方々、痛みのある着物でも再生いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

着物をリフォーム

シミ・穴あき
柄たし、かけはぎ、箔加工、刺繍加工
すれ・色やけ
スレ直し、色ハケ
手の長さが合わない
裄直し、スジ消し
着丈が合わない
身丈直し、たし布仕立、スジ消し
着巾が合わない
身巾直し、スジ消し
全体的に合わない
本解き、洗張り、お仕立
地色を染め直したい
地色変え(無地染め、柄染め)
柄色を染め直したい
小紋染め、彩色変え

着物の再生
一般的に裄の長さは、手を斜め45度に下げたときにくるぶしが隠れる程度が良いとされています。フィット感が一番目立つ箇所ですので自分のサイズに調整しましょう。

着物の再生
着ものは、親から子へ、子から孫へと、代々受け継がれていくものです。直しながらいつまでも着ることができるのが特徴です。思い出がいっぱいつまった着ものも、好みが変わったり、年齢とともに派手に感じたり、しまいぱなしになりがちですが、手を加えることでまたちがった楽しみができます。

着ない着ものリメイク

小紋・色無地・喪服等のきものをコートに仕立て直すことが出来ます。 また、羽織からコートへの仕立て直しも可能です。

お持ちのきものや端布(きもの生地以外も含む)から、袋帯、名古屋帯半巾帯などに 作り変えることが出来ます。 新しいおしゃれを楽しめます。

普段のお手入れ

まず帰ったら・・・すぐにお手入れしましょう。

  • 1.脱ぐ時は
    着用の時と同じように、まず手を洗って清潔な手で着ものが汚れないように衣装敷き・風呂敷の上で脱ぐようにします。
  • 2.風を通す
    脱いだ着ものは、体温や湿気をとるため、衣紋掛けや和服専用のハンガーなどに掛けて 直射日光の当たらない室内で1日陰干しを行いましょう。着ものと一緒に帯、長襦袢、小物等も一緒に掛けておきます。
  • 3.ホコリを落とす
    まず、袖を裏返して、袂(たもと)の中の丸みにたまったホコリを取り除きます。そして、絹物は白い布(手ぬぐい等)、ウールは柔らかいブラシで、上から下に向かって 全体をたたくようにホコリを落とします。刺繍や箔の部分はこすらないように気をつけて。 布目にそってブラッシングします。
  • 4.シミ・汚れの点検
    きものの衿にファンデーションや汗の汚れ、袖や裾に泥やほこりなどの汚れがないか確認してから箪笥にしまいます。 衿、袖口、前身ごろ、裾まわり、お尻などの部分は、汚れやすいので特に注意してチェックしてください。シミは時間がたてばたつほど落ちにくくなり変色します。
    なにより早く落とすことが肝心です。早いうちに処理すれば、汚れ部分が広がらず、きれいに落とせますが、そのままにしておくと、虫食いの原因となり ます。 シミはベンジンを含ませた布でたたくようにして落としますが、素人では失敗しがちですから、専門業者に任せたほうが無難です。
  • ※応急処置です手に負えなくなりましたら専門家にお願いしましょう。

お問合せはこちら

三木 トップページへ戻る